エコ・環境事業

東洋物産のエコ・環境事業は過酷な環境で働く人の負担がより少なく、また、皆様がより快適に生活できるよう広い視野で対応するノウハウと製品をご提供しています。
当社は約40年前からのこの事業に取り組んでおり、トンネルの凍結防止・アスベスト対策・電磁波シール・遮熱・AEDなどの取り扱いやノウハウの提供を通じてこれらの関連製品の販売を行っています。
これらの製品は当社の他事業製品と複合的にご利用いただくことでより広範囲な環境対応や環境改善に役立っています。

トンネル用資材

寒い北国の冬のトンネルには、つららがつきものでした。始発電車が走る前のつらら落し作業の大変さ、辛さを聞いた当時の国鉄担当営業マンのアイデアでつららを発生させない「トンネル凍害防止板(PG板)」がつくられました。エンドユーザーのニーズに応える製品開発は創業以来当社の伝統となっています。

トンネル凍害防止板「PG板」

目的 :
トンネルの漏水及びつらら防止のための防水断熱板です。
構成 :
通水層、断熱層および防火層の三層構造です。
寒冷地のトンネル向けで、寒さに応じて断熱層の厚さが異なります。
施工 :
アンカーボルトを使用して、覆工に取り付けます。

防水板「TD板」

目的 :
トンネルの漏水防止用の面導水板です。
材質 :
アクリル変性塩化ビニル樹脂板(透明板)です。
寒冷地のトンネル向けで、寒さに応じて断熱層の厚さが異なります。
施工 :
アンカーボルトを使用して、覆工に取り付けます。

シールドルーム

シールドルームとは電磁波が遮蔽(しゃへい)された部屋のことです。
シールドルームは、電磁波を外部に出したくない場合と、電磁波の影響を受けたくない場合の、要求(EMC=電磁環境両立性)を満たす性能を有し利用されています。

シールドルーム

近年電磁波を使った製品が世の中に増えており、その製品機器が発する電磁波を『外部に出したくない』あるいは世の中に飛び交う電磁波の『影響を受けたくない』という場合にシールドルームが必要になります。 身近なところでは携帯電話や電波時計、その他パソコンやテレビ、自動車、飛行機などと電子機器が含まれる製品の開発・研究には欠かせない設備です。

シールドボックス

特殊なメッシュ生地を使ったシールドボックスです。鋼板を使ったシールドボックスに比べ素材的に電磁波の遮蔽能力は低めですが、ボックス内の試験検体を目視することが可能です。
試験・開発の内容に応じてご提案いたします。



ページの先頭へ戻る